So-net無料ブログ作成

「六厘舎」荒々しい男っぽいつけ麺です。 [東京ラーメン食べ歩き]

DSCF1586.jpg

こんにちは、朝のソナタです。
今回は久しぶりの東京ラーメン食べ歩き記事、しかもつけ麺です。

あの伝説の名店「東池袋大勝軒」で修行した三田遼生さんが品川区大崎に2005年4月18日に
開業した、つけ麺専門の 「六厘舎」
オープン直後からネットや口コミ等で徐々に話題になり、現在では1時間待ちは当たり前の
超人気店となっているそうです。
雑誌「東京一週間」で毎年11月にラーメン・オブ・ザ・イヤーというのをやっていて、
つけ麺部門で2年連続最優秀賞を受賞している実力店でもあります。

前々からここのつけ麺を食べてみたいな〜と思っていました。
しかし、なかなか行く機会が無かったのですが、(家からちょっと遠いし閉店時間が早い
からかな...。)やっと行く事が出来ました。

とある日曜日の夕方にJR大崎駅を降りた私は、上り坂をずっと突き当たりまで歩くこと
6〜7分ぐらいでしょうか、目的の六厘舎へ到着しました。

DSCF1607.jpg

ちなみにこの店はいつも16時30分ぐらいで終わってしまうのですが、終わり際に行けば
あまり並ばなくても食べられるのではないかと何故か甘い考えを持った私は、15時50分
ぐらいに着くように行ったのですが、まだ10人程外で並んでいました。

「うん、やっぱり...読みが甘かったな...。(笑)」

それにしても、百反通りという通り沿いとはいえ、すぐうしろは閑静な住宅街です。
よくこんな場所に毎日行列が出来るなぁ〜という感じでした。

DSCF1609.jpg

しかし、並んで待つこと20分ぐらいでしょうか、感覚的には割とすぐに順番が回ってきました。
ちなみに私の後に来た人は2人しかいませんでした。やっぱり有る意味読み通りだったかも...。

店内は、L字型のカウンター席のみの11席です。
私が座ったのは、お店の中に入ってすぐ右側の隅っこでした。

全面のテーブルと調理場の敷居がやたら高くて従業員の動きは全然見えません。
が、従業員の熱気は伝わってきます。

これがメニュー表です。
つけ麺が看板ですが、普通の中華そばもやっているようです。

DSCF1583.jpg

それと確か以前に雑誌で出ていた料金はつけめん750円だったと思ったのですが、
ちょっと値上がりしているようです。

私はつけめん(850円)+味玉(100円)をオーダー。

そして待つこと12、3分ぐらいでしょうか。
正直ちょっと待った気がしましたがようやく来ました。

DSCF1584.jpg

これが六厘舎の「つけめん+味玉」です。

つけ麺の主役はやはり麺だと思います。
それではまず見てくださいこの麺を!!

DSCF1592.jpg

太いのなんのって!!本当に超がつく極太麺です。
お箸と同じ太さの麺というのは初めてですね。うどんのような太さです。

DSCF1598.jpg

この麺は、製麺所で有名な浅草開化楼の麺です。
店主の三田さんが、この製麺所に実に60回もの試作を繰り返させた末に完成した
超極太麺なのだそうです。

そして、この麺は超極太のため、茹でるのに8分ぐらいかかるそうです。
その関係で出てくるまでに多少時間が掛かったのですね。

さて、さっそくいただきます。
おっこっこれは!!
ものすごいコシです。
固いと言うのと違って、とにかくコシが強い。
今までにない、噛み応えのあるコシの強さですね。面白い食感です。
そして量も普通盛りなのに結構多い。一人前300gあるそうです。

太くねじれた麺にスープがよく絡んできます。
そのスープですが、とにかく濃い!!もう超極太麺に負けないぐらいインパクトのある
濃厚なスープです。

DSCF1590.jpg

このスープは豚骨、鶏ガラを主体に、カツオ、サバ、煮干しなどの魚介系食材をふんだんに
使用し、とことん煮込んでエキスを搾り取っているそうです。
そのため、ただ濃いだけではなくとても味わい深いスープになっています。

DSCF1597.jpg

そのスープですが、小さな海苔の上に魚粉が乗っていて、その魚粉をスープに混ぜると
さらに濃厚な魚介系スープになり、インパクトが増します。

店主が前に雑誌のインタビューで言っていた、「荒々しい男っぽいつけ麺」の意味が
わかりました。麺の太さ、量、そしてスープの濃厚さ。
まさに男の中の男という感じです。

DSCF1602.jpg

そしてスープの中には肉厚のチャーシューの固まりが幾つか入っていて、これがまた
脂が乗っていて美味しかった。最近流行のやわらか系のチャーシューではありませんが
これはこれで良いかも。ゴツゴツした男っぽさが出ています。

DSCF1605.jpg

それから味玉です。割り箸で割って中を見ると、これがもうトロットロ。
濃いスープとの相性もよく、実に美味しかったですね。

麺を食べ終わった後に、残ったスープに割りスープを投入します。
この割スープがゆず風味でとても良かったですね。
超濃厚なスープが意外にも、まろやかなスープに変身です。

まさにこれは...

荒々しくて男っぽい感じだけど...
実はとても繊細なつけ麺でも
ありました。

いや〜大変満足。東池袋大勝軒で修行した方なのですが、本家とはちょっと趣向が
違うつけ麺でしたね。
でも働いている従業員や店の温かい雰囲気は、やっぱり何か大勝軒に近い感じが
ありました。やはり良いところは受け継いでいますね。


かなり男っぽいつけ麺ですが、是非女性の方も試してみてはいかがでしょうか。
実際私が食べに行った時にも、何人か女性の方がいらっしゃいましたよ。

さてさて、今年はラーメン記事がちょっと少ない感じでしたが、これから年末まで
何とかあと7件は食べに行こうと思っております。
(でないと毎年恒例?!の朝のソナタ的ラーメン大賞ができませ〜ん。笑)
毎日超多忙で休みの日は寝て終わっちゃう事が多くなってきた私ですが、
でもまあ無理せず楽しんで食べ歩こうと思っています。


「六厘舎」
住所:東京都品川区大崎3-14-10
営業:11時30分〜16時30分(スープ切れ終了)
定休:火曜日
交通:JR山手線ほか大崎駅より徒歩6分
メニュー:つけめん850円、あつもり850円、中華そば700円など



六厘舎




nice!(8)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 8

コメント 5

jirorin

すごい太麺ですね。初めて見ましたよ!!
ぜひ食べてみたいです^^。
by jirorin (2008-10-19 09:41) 

けやき

本当にうどんを思わせる太い麺ですね
海苔の上は魚粉でしたか!
私もちゅるちゅる食べてみたいです♪
by けやき (2008-10-19 15:35) 

ラブ

ふ、太い! うどんかと思いました。びっくりです。
つけ麺には、太い麺が合うのでしょうか。
どうも数食べたことがないので、わかりませんw
by ラブ (2008-11-05 14:30) 

ハイマン

つけ麺好きなんです!
でも近くのお店期待して入ったら。。。。。。。。。
大ハズレでした。
by ハイマン (2008-11-05 21:52) 

マッタ

見た目は、どう見てもうどんですよね^^
味で勝負って感じです。
いいから食ってみろ!みたいな。
by マッタ (2008-11-28 21:09) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。